私が知っている範囲でのSEOツールに関する知識は、無料版と有料版があり、無料版は、主に、ワード検索などが主で、要は今現在ネットワークを使用して検索エンジンにてどのようなワードが検索エンジンで最も検索されているかという物を分析するものが主で、有料になるとそこに、ワードの絞り込みの他、自己が制作したホームページのどの部分をホームページ閲覧者は見ているかを可視化してみることができるなど分析機能を持つのが有料SEOツールだという認識です。

なお有料の物は、何故か検索エンジンが避けて通っているということも分かると言われていてこれに関しては、自己が制作したホームページ上にふさわしくない言葉の表現が隠されてないかどうかを確認することで恐らくgoogleの検索エンジンが不適切だと思われている部分を見つけ出し、自分で対処することで再度検索エンジンに引っかかるようにすることができると思われます。

その上で、SEOツールの必要性に関してですが、私個人の意見としては、自己が制作したホームページのどの部分をサイトに訪れた人物が見ているかが分かるという点がホームページ作りの参考になる部分で、例えば、ファンタジーの小説を取り扱っていると仮定した場合、どの様なお話が好まれているかを確認することが可能で、それら閲覧者側が好むであろうお話を紹介することでさらにホームページの閲覧者の増加が見込めるのでSEO対策ツールは必要性があると言えます。

また、ふさわしくない単語を探し出すSEOツールも実は馬鹿にならず、例えば、小説などで表現上これは駄目なのではないかという文面をそのまま引用した場合、検索エンジンは容赦なくはじきますのでそれを知るきっかけになるのであれば有効利用すべきであると考えます。

逆に、有効利用すべきではないというケースは、検索エンジンが弾くようなキーワードを使っても人気があるコンテンツを作り上げている場合、恐らくキーワードに関係なく集客ができてますので別にSEOツールが持つNGワード検索は必要ではないと思われます。以上が私が持つSEOに関する知識になり、有料版と無料版では大きく使用できる機能が違うという話です。