1、自社サイトで稼ぐとは
自社サイトは、企業がブランティングのため、自社の情報を発信するためのサイトです。
自社サイトでのブランディングに成功すればファンがつきます。
ファンに自社のコンテンツやサービスを売るのは、他社との価格競争を回避できるので収益性が高い稼ぎ方です。
自社サイトが発信する情報が魅力的なら、その情報を求め、人が集まります。
人が集まれば、自社サイトはweb広告にとって魅力的な場となるのです。

2、自社サイトのファンにコンテンツやサービスを売る
(1)コンテンツを売る
自社商材や発信してきた情報をまとめた電子書籍の販売、有料メルマガの発行などがあります。
これらのコンテンツは自社サイトのファンがいなくても販売できます。
しかし、既にファンがいる人が販売して初めて労力に見合った値段で売れるものです。
サービス(コンサルタントやセミナー)となるとなおさらです。

(2)サービスを売る
成功体験や知識・経験に基づいてアドバイスするコンサルタント。
成功体験や知識・経験を教えるセミナー・サロン。

3、自社サイトに広告を立てて稼ぐ
(1)クリック報酬型(Googleアドセンスなど)
自社サイトの情報発信で人を集め、広告をクリックさせれば収益化できるのがクリック報酬型広告で、代表的なのがGoogleアドセンスです。
人を集めるには、HARMの法則を使うのが便利でしょう。
この法則は人の悩みをまとめた法則で、ユーザーに役立つ情報を発信するオウンドメディアで使われている法則ですが、自社の情報を発信する自社サイトでも使える有益な法則で以下の通りです。
・健康・病気・ダイエット・筋トレ・食事の「Health」
・夢・仕事・就職・転職・キャリア・人生の「Ambition」
・人間関係・恋愛・結婚・離婚・家族・友人の「Relation」
・借金・遺産・詐欺・投資・副業の「Money」。

(2)アフィリエイト型(成果報酬ASP型)
自社商材の情報を発信する自社サイトでも、他社の商品の良いところを紹介していれば、アフィリエイト型広告を立てて、買ってもらうまで導ければ収益化できます。代表的なのが、書籍・ゲーム・電化製品系に強いAmazonアソシエイト、食品・グルメ系に強い楽天アフィリエイトです。